ゆさちん@管理人こと「たれ」のネトゲを中心とした日記&趣味のアレコレです♪ 統一性は全くありませんので(笑)ご興味のあるものが見つかりましたら、カテゴリーから選択してご覧くださいませ♪
  • 04«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »06
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2月4日(水)
2009年02月05日 (木) | 編集 |
渋谷文化村シアターコクーンで
お芝居『パイパー』観てきました


野田秀樹さん演出
松たか子、宮沢りえ、橋爪功、サトエリなど
テレビで活躍している人がたくさんなお芝居でした

火星に移住した人たちのお話

内容は
なかなか深くて面白かったんだけど

アトムのような松たかこさんの頭が気になって仕方なかったです(笑)

ラスト近くの
松さんと宮沢さんの掛け合いは
すごかったです

松さんの舞台はもう何度もみていますが
いつもすばらしいなあと思ってしまいますね

宮沢りえさんもとってもよかったです
迫力がありましたよ

橋爪さんもよかったし

全体的に高レベルなお芝居って感じがしました(・・*

でも一番すごいなあとおもったのは
火星に到着したときの
アンサンブルなみなさんの動きです!

あんなに大勢いて
たれは前から2番目の席で
手をのばせば舞台にさわれそうなぐらいな近さでしたが

ゆったりと遊泳するような感じで動きまわっているんだけど
全然音がしないんですよね
ほんとにふんわりと重力を感じさせない動きで
宇宙空間にいるようでした

いつもずれたポイントで感動して
すみません*ノノ





今日は
データ入力なお仕事が多かったんですが
なんか気分良く
鼻歌なんか歌いながらやってたんですね

最初はハミングで
フンフーンフンフンフフーン♪
「これってなんの歌だっけか?」
とか思いながら

そのうち気づいたら
歌詞を口ずさんでいたんですが

「しーねーばいーのに♪しねばいーのに♪
みんなしんじゃえーばいーのに♪」

はっ∑



これかよっヽ( ・∀・;)ノ






さあ
みんなも『うざやか』に口ずさみましょう(笑)




スポンサーサイト
ミュージカル『ミス・サイゴン』
2008年08月06日 (水) | 編集 |
またまた弟クンのチケットで行ってきました

今日はミュージカル『ミス・サイゴン』

場所は、帝国劇場です

主要キャストは
全て複数の人が交代でするスタイルです

今日は市村正親さんの日ということで
+(0゚・∀・) + ワクテカ +といってまいりました


ベトナム戦争終結間近のサイゴンが舞台です
現在のホー・チ・ミンです

アメリカ兵クリスとベトナム人少女キムの物語です

戦争はほんとイヤですよね

2部の最初は
ベトナムで生まれた
アメリカ人を父に持つ子供たちが映し出されます
国に帰ってしまった兵隊さんたち
そんな父親を探すための映像です

子供に罪はないのに悲しいですね

GIに米国へ連れて行ってもらうことを夢見て
身体を張るホステスたち

クリスと愛し合いながら
突然の米国撤退により
引き裂かれてしまい
ベトナムに残されたキム

いつか迎えにきてくれると信じて
クリスの子供を育ててきたのに

夢にまで見た再開を果たしたとき
クリスはすでに別の人と結婚していました

絶望の中で
自らの命を絶つことにより
子供を米国に連れて行ってと託すキム

悲しすぎます。。。

最後は泣いてしまいましたよ(・・。


いつの日か
世界中から戦争がなくなりますように。。。




7月31日(木) 『sisters』
2008年08月01日 (金) | 編集 |
*ネタバレ注意
見たまま書いちゃいますので
これから見る予定の人は注意です><b


また弟くんがチケットをくれたので
PARCO劇場で『sisters』を観てきました♪

感想を一言でいうなら
『暗かった』(・・;

松たか子演じる
父親から性的虐待を受けたことがトラウマになって
精神が病んでしまっている『姉』?と

一緒に虐待されていた妹と似ている
鈴木杏演じる
父親と愛し合っていて
子供を身ごもっている『妹』?の物語

救えなかった実の妹の変わりに
そして、自分のようにならないようにと
杏妹を救おうとする松姉

でも本当は
父親が妹を選んで
自分は捨てられたと感じていて

父親に愛されている杏に嫉妬していたのかな?

最後のシーンで
突然舞台が水浸しになっていてびっくりでした

あの演出の意味が全然わからなくて
ずっと気になってしまって
でも謎のままだった。。。

なぜ突然水浸し?
水は特にキーワードにはなっていなかったと思うんだけど
なぜ水だったんだろぉ?

それが引っかかったまま終わってしまいました(笑)







~お仕事~

ん~
精神的にちょっときつくなってきましたヽ( ・∀・;)ノ

明日でちょうど1週間になりますが
まだまだ慣れません。。。

書類仕事とかならいいんだけどねぇ
お客様相手のお仕事がメインなので

お客様にしてみれば
たれが新人で慣れてないとか
関係ないですもんね

自分の応対のせいで
売り上げ落ちたらどうしようとか
結構ブルーになりそうですヽ( ・∀・;)ノ

1週間で今の状態っていうのは
どれぐらいのレベルなんだろうなあ


ん~
周期的にも
ちょっと気分が落ち込みやすい時期にかかってきてるので
結構憂鬱な気分です(・・。




4月17日(木)
2008年04月18日 (金) | 編集 |
弟クンがひさしぶりにお芝居のチケットをくれました

『ラ・マンチャの男』

場所は、帝国劇場
最初に勤めていた会社が斜め前のビルでしたので
このビルにもよくいっていましたん
とっても懐かしかったです(*´-`)

18時開演ということで
17時半ごろに入ったのですが

まずロビーで驚いたのは
おじいちゃんおばあちゃんばっかり∑

たれが今までいったお芝居の中で
おそらく最も平均年齢が高いお客様たちだったのでは(・・;
幸四郎パワーってやつでしょうか?

でも、こんな年齢になっても
ミュージカルを楽しめるのはステキなことだなあとも思ったり(・・*

さてさて
今回かなり気合いれてチケットとったようで
前から4列目の真ん中より少しだけ左寄りの席でしたが
中央部が少しせり出した感じの舞台で
松たかこさんの立ち位置がそのせり出しの左側
そう、たれの席からもろにまっ正面の位置でしたん♪

主役の幸四郎さんも表情のひとつひとつが素晴らしくて
歌もとても声量があり素晴らしかったのですが

今回はなんといっても松たかこさんですね!
表情ももちろんですが
歌が素晴らしかったです
こんなに声量があって
のびやかな声がだせる人だったのかと
驚いてしまいました

舞台も全体的にテンポよく
幕間無しの2時間ぶっ通しでしたが
飽きることなく楽しめました♪

ただ1つ残念だったのは
パンフレットの松たかこさんのコメントに
カーテンコールでは毎回、幸四郎さんが歌を歌うと書いてあったので
わくわくしながら
ひたすら拍手し続けていたのに~
歌はありませんでしたん(・・。
やめてしまったんでしょうかねぇ?
残念でした。。。ぷぅ


そういえば
開始前の15分前と5分前に
「今回のお芝居は間の休憩がありませんので
用事やお電話など事前に済ませてください」
という案内の放送があったのですが
それが幸四郎さんの声でした(笑)

サービス満点ですね!


今回もしっかり楽しめました♪
弟クンありがとうヽ( ・∀・)ノ








~エタカ~

お芝居が思ったより早く終わったので
22時は無理でしたが
23時のエボには間に合いましたよヽ( ・∀・)ノ


23時~「カリもふっ」シャイエボ

ボス、DS

おにくぽんががんばってレベルあげてくれたので
素でエイで均等PTが組めるようになりましたん♪




1月26日(金) 「スウィーニー・ドット」
2007年01月29日 (月) | 編集 |
またまた弟クンからチケットが回ってきましたヽ( ・∀・)ノ
嬉しいんだけど
仕事忙しそうだし
もう買わなければいいのに。。。とか思ってしまふ(・・;
だっていつも1枚1万円以上してるんですよ~ヽ( ・∀・;)ノ

お金払ったことない姉でごめんなさい*ノノ



いつも渋谷のシアターコクーンなので
すっかりそうだと思い込んでいましたが
前日夜中にチケットみたら「日生劇場」でした∑
危なかったヽ( ・∀・;)ノ

日生劇場は日比谷にあるんですが
たれは長いこと丸の内に勤めていたので
アノ辺は地元というかホームというか
そんな感じなのです(*´-`)

特に日生劇場はミュージカルが多かったり
劇団四季が専用劇場を作る前は
日生でやることが多かったので
ほんとよく通いました~
会社からも徒歩10分以内でしたし(・・*

そんな感じで「なつかし~」とか
心の中で叫びつつ
ギリギリで劇場到着~

席は2階でしたが
前から2列目のど真ん中という
なかなかステキな場所でした♪

さて、お芝居ですが
宮本亜門演出のハリウッドミュージカル
「スウィーニー・ドット」です

内容は復讐劇です(・・;

舞台は19世紀末ロンドン
ある腕のいい理髪師(市村正親)が
美しい妻とかわいい赤ちゃんと
幸せに暮らしているんですが
美しい妻に横恋慕した判事の策略により
無実の罪を着せられて島流しにあってしまいます

15年後、なんとか逃げ出してロンドンに戻ってきた理髪師
名前を「スウィーニー・ドット」と変えて
昔愛用していたかみそりを相棒に
復讐をしていく。。。そんな物語です

復讐の舞台となるのは
昔住んでいた部屋
1Fでは大家である未亡人(大竹しのぶ)が
ミートパイ屋を営んでいます
そこの2Fで理髪店をやりつつ
復讐相手がやってくるのを待つのですが
なかなかやってこない
そのあいだに、どんどんお客さんを殺してしまうんだけど
その死人の行き先が。。。ミートパイヽ( ・∀・;)ノ
えぇ、ダークなお話です

ロンドンは不況で
お肉も高くて手に入らない
おかみさんのミートパイはロンドン1まずかった
でも、ジューシーなお肉たっぷりで
ロンドン1おいしくなっちゃったヽ( ・∀・;)ノ
お店は毎日満員
お金もどんどんたまっていく

おかみさんは、昔から理髪師のことが好きだったようです
復讐に手を貸しているのも
愛ゆえなのですね

しかし、生活もよくなってきて
だんだん、復讐なんかやめて
二人で海辺でのんびり楽しく暮らしたいなんて夢を持つようになったり
そのことを歌うシーンがあったんだけど
ダークな内容のお芝居の中で
ほっとするような
かわいらしくて微笑ましいシーンでした
とはいえ、手元では
骨から肉をそぎ落としながらだったんですけどね><b

最終的には
憎い判事やその取り巻きの役人など
復讐の目的は遂げるのですが
それと知らずに
死んだと聞かされていて
いまは変わり果てた姿となっていた元妻である
女乞食をも殺してしまいます。。。
あわれでしたね(・・。

でも、すごい迫力があって
ステキな舞台でした(*´-`)



市村さん
劇団四季をやめられたあと初だったような気がします
相変わらずお上手でステキでした

大竹しのぶさん
最近観る機会が多いですが
相変わらずかわいらしいですね~
ただ、舞台だから仕方ないのかも?だけど
あと役柄とかもあるのかな?
叫ぶようにセリフを言うところが
たれはちょっと苦手かもしれません(・・;

武田真治さん
もう顔が大好きです(笑)
歌はお上手でしたがあ
舞台にしてはちょっと声量が足りないような?
周りがすごい人ばかりだったせいもあるのかな(・・;

ソニンさん
さすがに歌が上手~
高いところもとってもキレイでした
舞台映えするタイプかもしれませんね
これからもミュージカルがんばってください♪

城田優さん
「ハケンの品格」にリュート役で出演していますね
あのほぼ外人さんのような顔は
舞台にとっても映えます♪
これからに期待大って感じですね(*´-`)



久しぶりに大きな劇場でミュージカル鑑賞
とっても楽しかったです

日比谷で帰りも便利だったし♪

ただ、劇場でたら雨だった∑
ちょっとブラブラしようかと思っていたのに
結局、劇場から直接地下道へ~
ちょびっと残念だったぅ(・・。






11月22日(水) やっぱりナマはいいね(*´-`)b
2006年11月29日 (水) | 編集 |
またまた弟クンからチケットいただいたので
久しぶりに観劇ですヽ( ・∀・)ノ

渋谷文化村シアターコクーンで
お芝居「タンゴ・冬の終わりに」を観てきました♪


結構日にちが迫ってからの話だったので
下調べも何もせず(・・;
ちょっぴりドキドキしながら劇場へ


蜷川幸雄演出だとか
蜷川作品は前に観たことあるような気もするんだけど
記憶が曖昧。。。
そんな感じなので
よく話題にはなっているけど
一体、どんな感じなのか全然予測不能(笑)

席についてワクワクと開演を待っていると
まだ幕もあがらず
客席も暗くなっていないのに
突然流れ出す大音響なロック∑

「え?え?」とか思っていたら
照明が暗くなり幕があいたら。。。
うわっ、めっちゃ人いるしっ∑みたいな

舞台装置は1セットのみで
映画館の客席だったんだけど
舞台からみてコチラ(客席)がスクリーンな設定で
最初のシーンでは
映画館のお客さんたちが映画(客席)をみているシーンでした

その時と終わりのとき
スローモーションな動きだったんだけど
もちろん、ライブなので
遅送りとかあるわけもなく
役者さんたちがゆっくり動いてるわけなんですが
いやぁ、まるでフィルムでゆっくり流しているかのような
すばらしい動き&雰囲気でした(*´-`)b

全編を通じて一番見入ってしまったとか内緒です*ノノ


主演は、堤真一&常盤貴子ってことでしたが
堤さんの奥さん役の秋山菜津子が語り部役だったので
一番出番が多かったような気もします(笑)

堤さんは、精神を病んで突然引退してしまった元人気役者
過去と現在、お芝居とリアルが混沌としてしまったり
そんな中、研究生時代に主演を勤めたお芝居(タンゴがテーマみたい?)の
ワンシーンを演じるシーンが何度かあるんだけど
なんかイマイチだったんですよぉ
「実力のある俳優だったんだよね?」こんなんでいいの?みたいな
それがラストシーン近くで
愛人の死に直面したことで一瞬正気を取り戻した時の
そのお芝居は
もうね、発声から立ち姿から
なにもかもがすばらしかった(・・*
演じ分けの妙を感じました*ノノ


今回は休憩1回の2部構成だったんですが
前半、途中寝ちゃってたとか><;
これ、後半かなりやばいんじゃあとか不安だったり。。。
でも、後半は結構盛り上がってきて
最後は堤さんのステキな姿にドキドキして終われて
とってもよかったです(*´-`)b


常盤さんは見た目も話し方も
テレビのままでした(・・*
舞台が2度目ということらしいですが
入り口で束でくれたチラシを見ていたら
ほかのお芝居にもでたりするようだったので
経験を積んでいくとドラマとは違った様子になったりするのかしら?
ちょっと楽しみです
なんといってもお綺麗ですしね♪

堤さんは
実は結構舞台観てたりします*ノノ
ここ数年観劇自体から離れていたので
生で観るのは数年ぶりでしたが
やっぱりカッコいい~ヽ(*・∀・)ノ
テレビで見るより数段ステキですよっ
ぜひ生でみてほしいです(*´-`)



しかし、毎回言ってますが
渋谷はやっぱり遠いなぅ(・・。
22時に終了して
おうちに着くのが24時近くなるとかっ
今回は休前日でよかった!と心から思った たれこなのでした。。。






堤さんに関する秘密?のお話があったんだけど
年代が激しくバレそうなのでやめておきましたププ




7月11日(火) またまた渋谷へ~
2006年07月12日 (水) | 編集 |
渋谷って遠いし~
人多いし~
道せまいし~
だからイライラしちゃうし~
で、あんまり好きじゃなかったりする(・・;

お店とか施設とか
そゆのは結構好きなんだけどねぃ

でもでもなぜか最近
おでかけといえば「渋谷」!な
たれこがいる><b


とゆうことで~
今日も渋谷に行ってまいりました(笑)

目的はお芝居
先日にひきつづき
シアターコクーンへ行って来ました♪

前回の「ヴァージニア・ウルフなんか怖くない?」をみにいったときに
ポスターを見て
ものすごく気にかかって観たかった
「あわれ彼女は娼婦」

でも、その時すでにチケット完売だったため
諦めていたのですが

またまた弟くんが行けなくなってしまい~
チケットがまわってきましたヽ( ・∀・)ノ
いつもいつもありがとねぇ(*´-`)
毎回タダでもらうお姉ちゃんを許してください*ノノ



さて、お芝居の内容は
兄(三上博史)と妹(深津絵里)が愛し合ってしまい
その結果、妹が妊娠
それをごまかすために求婚者の貴族(谷原章介)と結婚
しかし、当然のように自分の子供ではないと気づかれてしまい
父親が実の兄だと知った旦那さんが復讐をくわだてる
しかし、その復讐劇の結末は。。。

いやあ
最後は壮絶でしたぅぅぅ
おそらくここ見てる人たちはコレみないだろうということで
言っちゃいますが(笑)

全てがバレてしまい
引き離され、不幸になっていく妹を
その愛ゆえに?
兄が殺してしまい
また、不幸にした貴族に復讐するべく
自分を陥れるためにしくまれた
お偉方が列席している宴席に
血まみれで乗り込み
「自分たちは愛し合っていた」と告白
そのショックで父親は死亡∑
そして皆殺しな勢いでの殺戮ショーヽ( ・∀・;)ノ
最後は自分も殺されてしまうわけですがあ

なにが一番怖かったって
血まみれで乗り込んできたときに
これまた血まみれな短剣を手にしているわけですが
その短剣になにか刺さってるんですよ
「あれなんだろ?」ってずっと気になってたんだけど

なんと
愛する妹の心臓∑
しかーも
それを食べちゃってるんですよ∑
あれはかなりグロかったぅぅぅ
ちょびっと気持ち悪くなりましたっ><b

とまあ
かなり凄惨なお芝居でした(・・;

ん~
テレビドラマなんかでも一時期
兄弟での近親相姦がテーマになったものが
流行ったりしたこともありましたが

たれは弟がいるわけですが
もちろん、今まで1度たりとも
恋愛感情とか感じたことはありません(笑)
やっぱ兄弟がいるせいでしょうかね~
こういうものって
自分が弟と?なんて想像しただけで
「おぇっ」って感じになってしまって
感情移入は無理ですっ(笑)

なので
切ない気持ちとかにはなりませんでしたぅヽ( ・∀・)ノ

ただ
お芝居見て毎回思うのは
役者さんてエネルギッシュだなあって
やっぱり好きなことを一生懸命やってるから
それが伝わってくるんでしょうか?

毎日、ただのほほんと暮らしている たれには
そういうのがまぶしいというか
うらやましいというか
同じ空間を共有するだけでも
エネルギーを少しわけてもらえるような
元気になれる気がします

ドラマや映画も大好きだけど
生で見て空気を感じることができる
お芝居やライブ・コンサートなどは
いいなあって改めておもいました(*´-`)


でもぉ
今回もちょっと長丁場な3時間10分
しかも休憩が1回しかないとか
第一幕は2時間ぶっ通しですよっ
お尻が痛くて辛かったのは内緒です*ノノ


それにしても
メインキャストの3人とも
すごいキレイだったわぁヽ(*・∀・)ノ
中世のイタリアが舞台だったんだけど
深津ちゃんのドレス
あーゆーの1回着てみたい~って思ってみてましたエヘ



楽しかったけどぉ
渋谷は遠いぷぅ
平日に0時帰りとかキツイわぁヽ( ;∀;)ノ
ぷぅぷぅ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。