ゆさちん@管理人こと「たれ」のネトゲを中心とした日記&趣味のアレコレです♪ 統一性は全くありませんので(笑)ご興味のあるものが見つかりましたら、カテゴリーから選択してご覧くださいませ♪
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「神曲奏界ポリフォニカ ストラグル・クリムゾン」
2007年03月14日 (水) | 編集 |

榊 一郎, 神奈月 昇 / ソフトバンククリエイティブ(2006/10/12)
Amazonランキング:33547位
Amazonおすすめ度:
白が読みたくなる。
赤・黒・白3作の集約
アニメ化決定!




神曲楽士フォロン&精霊コーティカルテの4冊目です♪

前作のスパーティング・クリムゾンが前編
これが続きの後編って感じでしょうか?

前作のラストでコーティが瀕死の状態になっていたんですが
一応、回復はしたのですが本調子ではないようです
普段コーティは少女の姿をしています
これは、色々事情があって不安定状態になっているコーティが
人を形作るに当たって、少しでも負担を減らすように
小さな少女になっているようです
彼女の本来の姿は大人の女性ですが
フォロンの神曲によって力を得ているときじゃないと
維持することが大変らしいんです

ところが、瀕死状態から目を覚ましたコーティは
大人の女性のままでした
形状をコントロールできない状態ってことですね


今回は精霊の秘密の一部が明らかにとまではいかなかったけど
秘密があるらしいということはわかりました
それが解明されたとき
人と精霊の関わり方も変わってくるんでしょうか?

というか
人と精霊、寿命を考えると
普通は人が先に死んでしまいます
それが今回こういうことになって
初めてフォロンは、コーティがいなくなってしまうかもしれないという
その可能性に気づいて
とても不安になったり
どうしていいのかわからなくなってしまうんですが
最後は
「コーティがフォロンを見送るのでもなく
 フォロンがコーティを見送るのでもなく
 最後まで一緒に」
と決心したようです

ラブラブですね*ノノ

次はいつでるんでしょうか?
早く続きが読みたいです(*´-`)


さあ、次はブラックシリーズを読むんですが
今回、クリムゾンシリーズにも登場していた
マナガ警部補(精霊)とマティア警部(人間)が主人公のようです?
ちなみにマティアは警部ですが少女です(笑)
楽しみですね♪

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。