ゆさちん@管理人こと「たれ」のネトゲを中心とした日記&趣味のアレコレです♪ 統一性は全くありませんので(笑)ご興味のあるものが見つかりましたら、カテゴリーから選択してご覧くださいませ♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『GOSICKs(2) ―ゴシックエス・夏から遠ざかる列車―』
2007年06月30日 (土) | 編集 |

桜庭 一樹 / 富士見書房(2006/05/10)
Amazonランキング:61095位
Amazonおすすめ度:
短編集は一気に読まない方がいい
見えない傘の下で
二人だけの夏休み




「ゴシック」短編集第2弾です

時間軸的には、本編4巻と5巻のあいだ
生徒たちが長い夏休みに入りバカンスへと去っていった学園で
二人で過ごすことになったヴィクトリカと一弥のお話です

プロローグ
第一話 仔馬のパズル
第二話 花降る亡霊
第三話 夏から遠ざかる列車
第四話 怪人の夏
第五話 絵から出てきた娘
第六話 初恋
エピローグ


第一話では、知り合ったころにヴィクトリカが
謎解きが得意だという一弥の次兄にあててだしていたパズル
その解答が書いた手紙が届いたというお話

実はプロローグで一弥はアブリルに一緒にバカンスに行こうと
誘われていたのですが
兄の手紙を見せるためにヴィクリカの元へ行き
そこでヴィクトリカはずっと学園で過ごすということを知って
バカンス行きをやめるんですね
そして二人の長い夏休みが始まったということです(・・*

第二話では、アブリルからの手紙が届きます
そこに不思議なお話が書かれていて
ヴィクトリカが謎解きに挑みます
簡単にといちゃうんですけどね(笑)

第三話は、色っぽい赤毛の寮母さんゾフィーと
かわいい担任セシル先生が
一弥とヴィクトリカの年頃にはじめてであった頃のお話です
この二人はそんな昔からのお友達だったんですね

第四話は、一弥の姉瑠璃の恋や将来のお話
瑠璃さんは軽くツンデレな香りがしますね(笑)

第五話は、ブロワ警部の部下
いつも手をつないでいる仲良し幼馴染のイアン&エバンが登場します

第六話は、ブロワ警部とジャクリーヌのお話
ブロワ警部はジャクリーヌと接しているときだけ
とてもいい男にみえますよね
それだけ愛しているんでしょうねぇ(・・*


毎年一人で過ごしていたヴィクトリカ
今年の夏は一弥と一緒です

ゆっくりと過ごす二人の時間
こんな時間がずっと続けばいいのに
今後色々と波乱がありそうだし
この夏休みは二人にとって
とても大切な時間になったのでしょうね


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。