ゆさちん@管理人こと「たれ」のネトゲを中心とした日記&趣味のアレコレです♪ 統一性は全くありませんので(笑)ご興味のあるものが見つかりましたら、カテゴリーから選択してご覧くださいませ♪
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『付喪堂骨董店 2―“不思議”取り扱います』
2007年08月09日 (木) | 編集 |

御堂 彰彦 / メディアワークス(2007/06)
Amazonランキング:3524位
Amazonおすすめ度:
ヤッター二巻発売!




不思議な能力を持った道具『アンティーク』を軸として
刻也、咲、都和子さんが活躍する「付喪堂骨董店」第2弾です


第一章 静寂(アンティークは鏡)
 映した空間に完全な静寂をもたらす鏡。騒音に悩まされていた一人の作曲家がその鏡の存在を知り、刻也たちはある理由からその鏡を貸すことに。。。

第二章 自分(仮面)
 人形に被せて、使用者の姿形・能力・性格とまったく同じコピーを作る仮面。クラスメイトがその仮面を手に入れたらしいと都和子から聞いた刻也は、次第に変わっていくクラスメイトに違和感を覚え。。。

第三章 死目(眼鏡)
 相手の目が見たものを覗き見ることができる眼鏡。他人の人生を覗き見することを趣味としていた女性が、電車に轢かれた人の目を覗き、自分の嗜好に気づく。そんな彼女がある日、刻也の「眼」を覗き。。。

第四章 化粧(カメラ)
 指定した時間の経過後の姿を写しとるカメラ。ひょんなことからそのカメラを使ってしまった咲は、とある見過ごせない事実に気がつき。。。


1章2章ぐらいまでは、アンティークが持つ能力にまつわるお話って感じですが
3章あたりから、ん?って感じがしてきて
4章は、もう完全に刻也と咲のお話?って感じでしょうか?

それはそれで、咲がかわいかったし
刻也と咲のスレ違い?なやり取りがなかなか楽しかったのでいいのですが

あとがきで作者がポロっと書いてましたが
ネタ切れ?になってきてるのかしらあ?

3章でちょっと触れられている咲の過去のこともあるし
登場人物が魅力的だと思うので
まだ続いて欲しいけど。。。ネタが~


作者、がんばでーすヽ( ・∀・)ノ


イラストは、刻也が前回より少しカッコ良くなっていたのと
咲のネコミミが見れたので満足です(*´-`)b


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
遅れながら誕生日おめでとうヽ(・∀・)ノ
2007/08/09(木) 12:18:53 | URL | まりるる #JalddpaA[ 編集]
まりるるぅ、ありがとーヽ( ・∀・)ノ

人間失格の感想書いておいたよー
結果、特におすすめはしないよー(笑)
2007/08/09(木) 16:36:54 | URL | た #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。