ゆさちん@管理人こと「たれ」のネトゲを中心とした日記&趣味のアレコレです♪ 統一性は全くありませんので(笑)ご興味のあるものが見つかりましたら、カテゴリーから選択してご覧くださいませ♪
  • 10«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »12
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『空の境界』(上・下)
2007年09月23日 (日) | 編集 |

奈須 きのこ / 講談社(2004/06/08)
Amazonランキング:1545位
Amazonおすすめ度:
「月姫」の原点を知りうる作品
問題点を超克した、マッチョ的面白さの竜巻
感覚的に読む私





奈須 きのこ / 講談社(2004/06/08)
Amazonランキング:2369位
Amazonおすすめ度:
「長くて、意味のなかった問答は終わった」
最後が…
言わずもがなライトノベルの代表作であり、新感覚伝奇。その完成度は異常。




この小説はコミケから発生したらしいです
漫画、ゲーム、アニメなどと比べて
コミケから小説がでてヒットするというのは
ほんとに稀な出来事らしいです(・・*


主人公『両儀式』は、事故による2年間に渡る昏睡ののちに
形あるものの死の線が視える「直死の魔眼」を得て目覚める

そして、そんな式を支える『黒桐幹也』
「特別であろうとしない」そんな彼は
実は誰よりも「特別」なんじゃないだろうか?


物語は、魔術師・荒耶宗蓮がある目的のために
式の体(力)を得ようと仕掛けてくる事件を中心に進んでいきます


独特の世界観と価値観
語られる内容は言葉そのものも
なかなか難しかったりして
全てを理解することは大変だと思います(・・;

でも、楽しめる要素もたくさんあります♪

まず、式がかっこいい!
普段も凛としてステキですが
なんといっても戦っているときの式はほんとかっこいい

そして、たれ的には
このお話は誰がなんというおうと
式と幹也の恋のお話だと思っています(・・*

最後の事件での
二人がお互いを想い合うシーンは
もうドキドキで。。。そしてとても切なかった(・・。

でも、ハッピーエンドで本当に良かったって思ったのに
ラストシーンは。。。
幹也の想いも切ないけれども
なにも知らないこれからの式を思うと
ほんとに悲しかった(・・。

まさかこんな落ちだったとは~
伏線は一番最初にあったんですねぇ
むーん


なかなか馴染むのが難しいと思いますが
もし読んでみようかな?と思っている人は
途中でくじけないで絶対最後まで読んでみてくださいね(*´-`)b


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。